かっこいい大人コラム

vol.07

澤上 篤人さん

株式会社さわかみホールディングス 代表取締役

1947年3月28日生まれ

寄付をすることで
成熟経済の日本がどんどん元気になる

一般生活者の財産づくりを、本格的な長期投資でお手伝いしたい、という熱い思いで、日本初の独立系投資信託会社を設立。1999年に「さわかみファンド」をスタートさせた澤上篤人さん。証券会社を通さず、直販のみで販売するという画期的なスタイルで、長期投資の志をともにするファンド仲間とともに20年もの間、優れた運用実績を上げ続けています。
 さらに澤上さんは会社の経費を削減し、残った利益は「より良い社会をつくっていくための社会貢献へまわすという発想で、さわかみ一般財団法人、公益財団法人お金をまわそう基金などを設立。寄付や非営利活動などを通じて世の中にお金をまわし、社会全体を豊かにするという活動に邁進されています。

長期投資で、良い世の中をつくろう

現在、純資産総額3000億円を超える大型投資信託に成長した「さわかみファンド」。日本初の直販投信の生みの親として、無数の障壁を乗り越え、現在のかたちを創りあげた澤上篤人さんですが、そもそもの発端は20代の頃のスイスへの出稼ぎだったと言います。
 事業家だった父親が17歳の時に急逝し、大きな借金を背負ってしまった澤上さんは、それを少しでも早く返済するため、当時、給料が日本の倍近い水準だった欧州へ行くことを考えました。スイス・ジュネーブの大学院にドクターコースで登録し、「日本の学生が仕事を求む」という小さな新聞広告を出します。最初にオファーがあった企業に面接に行き、入社が決まったのですが、それがたまたまキャピタル・インターナショナルという世界屈指の運用会社だったのです。
 そこで初めて長期投資の世界を知り、すっかり魅了された澤上さん。毎日15~16時間働いて、気がついたらファンドマネジャーという立場になっていました。その頃には父親の借金はすべて返済し、代わりに「長期投資」という素晴らしい宝物が彼の掌にのっていたのです。
「世の中になくては困る良い企業を選んでとことん応援する、という方向でお金を投じて、お金に働いてもらう。その結果、いい世の中をつくっていき『ありがとう』と戻ってくるのが投資のリターン。これが長期投資の基本で、70年代のスイスで徹底的に学び、今でもずっと実践しているんです。マーケットでお金の取り合いをして、勝った負けたの銭ゲバをする短期投資とはまったく違う存在です」

ファイナンシャルインデペンデンスの向こう側へ

潰れては困る優れた企業、みんなに必要とされる企業の株を安値の時に応援買いし、高値になったら少しずつ売る。これを地道に繰り返していけば、無理なくファンドの成績が上がり、資金を入れている人たちの財産が自然と殖えていきます。
 さわかみファンドのホルダーも、20年近く、こつこつと積み立てをした結果、まとまった財産を作った人も増えています。資産から得られる収益で、経済的な不安がない状態を「ファイナンシャルインデペンデンス」(経済的自立)と言います。
「ファイナンシャルインデペンデンスが第1段階。生きるための不安がなくなります。ある一定の金額以上になると、今度はお金が雪だるまみたいに殖え始めます。すると、そのお金は世の中のためにカッコよく使う。それが第2段階。そういう大人たちを見て、子どもたちが憧れて、自分もそうなりたいと思う。これが第3段階。こういう循環ができたら、その社会はどれだけ幸せか。長期投資をベースにすれば、こういう世界がどんどん広がっていきます。うちの会社も設立から最初の9年目くらいは真っ赤っかの赤字。でも黒字になった瞬間から、会社の利益を社会に使うように動きだした。個人ベースでは贅沢はしない。俺を含めて、社員の給料は普通よりちょっと上くらい。そのかわり、長期投資で得た利益を広く世の中にお返しする贅沢は、たっぷりやらせてもらう。お金は天下の回りものですから」
 ここでポイントは、カッコいいお金の使い方です。澤上さんは公益財団法人さわかみオペラ芸術振興財団を設立して、イタリアのオペラを日本に招聘し、本格的な公演を行うとともに、オペラを学ぶ日本人歌手や音楽家の留学をサポート。日本各地でも公演活動をするなど、オペラの魅力を伝える活動に注力しています。また代表理事を務める公益財団法人お金をまわそう基金では、子ども、スポーツ、地域社会、文化伝統技術の4分野で活動するNPOに対して、一般の人からの寄付を集めるプラットホームを運営。支援者と活動団体のご縁を大切にしながら、さまざまな社会課題の解決に向けて、お金がまわるように活動をしています。
「スポーツ選手も音楽家も、一部のトップは収入が高いけれど、ほとんどの人たちは生活がきつい中、好きだからこそ続けている。いくら好きでもやれない状況になると、音楽もスポーツも廃れてしまうので、誰かが手伝わないといけないんですね。日本のような成熟経済では『モノからコト』と言われているけれど、実際は、文化・教育・芸術・スポーツ・技術・寄付・ボランティアという方向にお金をどんどん使うのが、成熟経済のあり方なんです。今、国は金利を下げて、企業に工場を建てさせようとするけれど、そう簡単にはいかない。なぜかというと、誰もモノは買わないから。お金をまわす方向が間違っている。これからの日本は、『コト』の分野で産業が生まれないといけないんですね」

寄付こそが成熟経済を生き延びる活力になる

高度成長期が終わり、成熟経済に入った日本にとって、寄付というお金のまわし方が今後、ますます重要になってくる、と澤上さんは言います。
「欧米社会が成熟経済に突入した70年代、80年代にヨーロッパにいたから、目の前で見ていたけれども、多くの人が貧しくなっていって、すごく大変な時代だった。それで国民の一部は『お金を使える人がまわしていかないと、経済全体がダメになり、ついには自分もダメになる』ということを学んだのではないかと思うんです。昔はNPOなどなかったけれど、この30年で急激に増えて、寄付で運営されているアメリカのNPOは全米の雇用の7~9%を生み出しているほどです。寄付でもって経済、社会が動くということを理解する人が増えるだけで、確実に社会は変わると思っています」
 寄付をするのかしないのかは、その人の価値観、意思の問題で、やる人はやるし、やらない人はやらない。しかし日本も貧しかった時代は、お互いさまでお金をまわしていた時代もあったと澤上さんは言う。
「経済というのは、お金をつかうと、その方向で発展成長する。貧困・自然保護・スポーツ・アートなどを支援する団体に寄付すれば、そのお金は貯め込まないで即刻消費してくれます。すると経済が即元気になる。たとえば皆さんが預貯金に寝かしているお金の3%を寄付すれば、日本経済は確実に5%成長します。するとまわりまわって、寄付した人のお金も増える。銀行にぼけっと寝かしておいても金利なんかつかないのだから、引き出して経済の現場へまわしてやる。このイメージを持ってもらうことが大事なんです」

澤上 篤人 (さわかみ・あつと)
1947 年 3 月28 日愛知県生まれ。71〜74年までスイス・キャピタル・インターナショナルにてアナリスト兼ファンドアドバイザー。80〜96年までピクテ・ジャパン代表を務める。 96年にさわかみ投資顧問(現さわかみ投信)を設立し、99年に「さわかみファンド」を設定。現在はさわかみ投信会長として長期投資の啓蒙活動に力を注ぎ、「カッコ好いお金の使い方」のモデルとなるべく財団活動にも取り組んでいる。

その他のコラム