誕生日寄付のご報告

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになった皆さまのご冥福をお祈り申し上げますとともに罹患された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。
また、現在、感染拡大防止に尽力されている医療関係者をはじめとする多くの方々に心より感謝と敬意を表します。

昨年、「子どもたちの今を支え、未来に投資する」をコンセプトに開始した
「誕生日寄付」の1期目は、下記の通りのご寄付をお寄せいただきました。
皆さまのご協力・お力添えの賜物です。心より感謝申し上げます。
皆さまからのご寄付が、子どもたちのために、どのように生かされるのか、
各団体から皆さまへのメッセージ動画をいただきましたので、ぜひご覧ください。

コロナ禍で、厳しい環境下の子どもたちは、さらに辛い思いをしております。
今後も「誕生日寄付」を通じて、次世代を支える子どもたちへエールを送り続けていただきますよう、お願い申し上げます。

寄付金額合計 10,839,715円

※内、昨年7月6日に開催した誕生日寄付チャリティーパーティのチャリティーオークションによる寄付金額531,500円。

[カテゴリ別の寄付金額]

生きるを支える 4,555,105円
学びを支える  2,075,450円
外国人を支える 4,209,160円

寄付者人数   235名

誕生日登録者数 268名

※第1期: 2019年4月1日~2020年5月31日
(プレオープン期間: 2019年1月25日~3月31日)

「生きるを支える」

社会福祉法人カリヨン子どもセンター
所在地: 東京都

カリヨン子どもセンターへのご寄付をいただき、誠にありがとうございます。
いただいたご寄付は、居場所がなく困っている子どもたちへ子どもシェルターの情報を届けるため、新しいホームページの制作費にあてさせていただきます。
ひとりぼっちで苦しむ子どもたちへ、相談できる場所、逃げられる場所があることを知ってもらいたい、ひとりぼっちじゃないんだよ、一緒に考えようと伝えてまいります。現在、子どもシェルターは全国各地に広がっています。
皆さまのご支援が、子どもたちの命を救い、居場所を支えています。これからも応援よろしくお願いします。

一般社団法人若草プロジェクト
所在地: 東京都
https://wakakusa.jp.net/

この度は若草プロジェクトに誕生日寄付をいただき、ありがとうございます。ご寄付は、虐待や貧困等により行き場を失った少女たちのための居場所「若草ハウス」に使わせていただきます。
外出制限や経済的な不安の中で、家庭内のDVや虐待が増え、耐えきれずに家を飛び出して、とほうに暮れている少女たちが増えています。
私たちは、LINE相談の拡充、「若草ハウス」以外の居場所探しなど進めていますが、さらに活動を拡げていく必要を強く感じています。
新型コロナウィルスの流行で社会のストレスがたまり、弱いところにしわ寄せがいっています。彼女たちへの支援をこれからもよろしくお願いします。

「学びを支える」

福島に公立夜間中学をつくる会
所在地: 福島県

この度は、心のこもった誕生日寄付をいただき、ありがとうございます。
私たちは、色々な事情で子どもの頃、中学校までの学業を全う出来なかった人々も、教育を受ける権利を保障されるべきものと考えています。
この9年間、行政と協力して、福島に公立夜間中学をつくる取り組みを進めてきました。同時に公立が出来るのをただ待つのではなく、学び直しを求める人々と共に自主的な勉強会である福島駅前自主夜間中学を運営して来ました。皆さまのご支援を生かし、これからもボランティア講師と一緒に、学ぶ楽しさをひろげてゆきたいと思います。

一般社団法人岡山に夜間中学校をつくる会
所在地: 岡山県
https://oka-yachu.jimdo.com/

私たち岡山に夜間中学校をつくる会は、学びたいという気持ちを持つすべての方に教育の機会を確保し、共に成長していく学びの場をつくるために活動しています。
年齢・国籍に関係なく、さまざまな事情により十分に学ぶことができなかった方がもう一度学び直すことのできる環境をつくることの大切さを活動を通じて痛切に感じています。
スタッフは生徒さんと向き合い、各自のニーズに合った勉強内容を手助けします。皆さまのご支援のおかげで、これからも多くの方に希望を届けることができます。これからも岡山に夜間中学校をつくる会をどうぞよろしくお願いいたします。

「外国人を支える」

特定非営利活動法人
大泉国際教育技術普及センター
所在地: 群馬県
http://npo-oizumi.lontra-do-mar.com/nippakugakuen.html

このたびは貴重なご寄付を賜り、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。動画でもアップしておりますが、当団体は、外国につながる子どもたち、とくにブラジル人学校に通う子どもたちの日本語教育や、日本の学校に通うブラジル人児童生徒の学習支援を行っております。
新型コロナウィルス感染拡大にともなう不況の影響で親御さんの雇用が奪われつつあり、就学継続が危ぶまれる子どもたちも出てきております。皆様からいただいたご寄付を事業運営に不可欠な人件費や資料代に充当し、日本の未来を担う子どもたちの学習機会の確保につなげてまいります。
引き続きご支援賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

特定非営利活動法人青少年自立援助センター
YSCグローバル・スクール
所在地: 東京都
https://www.kodomo-nihongo.com/

外国にルーツを持つ子どもたちは年々増加しています。一方で、受け入れ体制が十分でなく、日本語が学びたくても学ぶことができない子どもも、未だに少なくありません。
みなさまがこの度お寄せくださったご寄付は、日本の中でじゅうぶんに教育にアクセスすることができない海外ルーツの子どもたちへ、専門家による日本語教育や学習支援機会を提供するために大切に活用させていただきます。今後とも、私たちの活動と全国各地に暮らす海外ルーツの子どもたちのことを応援いただけましたら幸いです。